スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道南西部火山巡検(茨城大学の巡検)

GROUNDの指導教官からのお誘いで茨城大学の巡検に参加させてもらいました。

1日目
樽前山登山、軽石や火災堆積物を見る。

2日目
有珠山の堆積物露頭観察後に昭和新山登山。その後に三松記念館、西山山道。

3日目
羊蹄山の溶岩を観察し、京極で水飲んで、小樽にて枕状溶岩の観察。小樽駅にて解散


という流れでした。とくに昭和新山は個人の所有物であり、登る事は勿論、頂上まで行けたのは貴重な体験です。
3年生以上を対象にしたので内容は専門的で記事を書いている本人(天文志望・・・)の知識のなさ、もとい専門授業を受けてない(火山関係の授業は後期からなのでして)我々2名にはきつかったです。

それでも、露頭の前でスケッチし、観察点を挙げていき、考えていくという作業により少しは理解できていったのではと思います。

打ち上げはもはや良くわからない状態ですね。写真見て「どうしてこうなった?」と思いましたよ。


なにより、夜の勉強会前にフィールドノートの清書をし、勉強するという光景は少なくとも見れるはずもないし驚きでした。まじめでしたね。露頭の前でバカ騒ぎする人いませんでした。(本当はこれがあるべき巡検なのではと思うけど)


とまあ、書くこと色々あるのですがこんな感じにしておきます。


最後にこの場を借りて茨城大学理学部地球環境の方々、特に引率してくれた教官方、に御礼を。

スポンサーサイト

オープンキャンパス

さる8月の5、6日にオープンキャンパスが行われました(更新おそっ!!)

うちらの学科は「かんらん岩(をメインにした)薄片の観察とか言いつつも磨いた文鎮公開&雪の結晶&溶岩流の再現&と受験相談&無駄話」をしました。

溶岩流の方の反応は結構良かったみたいですが薄片はなかなかどうして・・・・
って見たところで「へぇ・・・・」としか言えないですもんね。こちらとしてみればチャートや花崗岩とかとくらべてかんらん岩の薄片が「きれいだなあ」と思ってくれればいいわけでして。
まあ、ある程度説明したあと、理解が追い付いていなくて(なじみのない分野だから仕方ないですよね)反応に困った顔をしたらこれ幸いとすぐに雑談に切り替えます。

雑談をするとどういう人が来たのかが分かって面白いですね。
学校で行くようにと指示された学生やわざわざ道外から来てくれた方々(親子で凄かった)、地惑科希望者からふらっときた人まで様々。「地学が好きなんです」と言ってしまった方には友人が対応し洗礼をうけてしまわれたと思います。

2日目にはまったく関係のない化石とハンマー持ってきました。
化石はおおむね反応が素晴らしかったです。違う学科の先輩がすごい反応して駆けつけてきましたが(笑)


おもしろかったですね。また来年やりたいものです。
もう少し一般向けなものとマニアックなものの2方面からやりたいね。
いっそ天体写真でもはっつけて終わりにしようかな

おいおい考えます。それでは。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

日高巡検

山の手博物館企画の巡検「アポイの花と日高の地質を巡る旅」に参加しました。
GWのアポイ巡検から約1か月、再びかんらん岩のまちへ。

*:;;:* 6月16日(土) *:;;:* 
とりあえず曇り空。

Stop1 :苫小牧港 ~津波堆積物
Stop2 :新冠泥火山
Stop3 :三石蓬莱山 ~アクチノライト露頭
Stop4 :アポイの鼓動 ~かんらん岩
Stop5 :東邦オリビン工業採石場 ~幌満かんらん岩
Stop6 :日高耶馬溪エリア ~角閃岩の褶曲、花崗岩類

午前中のStopは、初めて訪れた場所だったので目にするものが皆とても新鮮でした。道なき道を進んで見に行ったアクチノ閃石は結晶がとてもきれいで、みなさんサンプル袋を重たくしていましたね*^‐^*
白雲母も綺麗でした!
午後はもはやおなじみの場所(!?)ということで、いい復習になりました(*^^)v

夕食後は勉強会!!
アポイ岳ジオパークの紹介から専門的なかんらん岩の話まで、盛り沢山。
(台湾巡検中の勉強会を彷彿とさせる…懐かし。)

*:;;:* 6月17日(日)*:;;:*
降ってしまったー雨。

Stop7 :アポイ岳
Stop8 :えりも町ルーラン岩礁 ~ミグマタイト
Stop9 :様似町郷土資料館
Stop10:浦河町乳呑川上流 ~モンチカイト

雨が降る中、アポイ岳は5合目まで登りました。…リベンジならず、です。(/_;)
そして、これまたおなじみ、風雨の襟裳へ。ハンマーでミグマタイトを割ることで寒さを紛らわせる始末…。
最後のStop10で見たモンチカイト、黒雲母がチョコチップみたいに沢山入ってました。黒雲母の剥がれ易さを改めて実感。

と、いうことで、非常に濃い充実した巡検だったと思います。
連れて行ってくださった山の手博物館の皆様、今回ご一緒した一般の参加者の皆様、本当にお世話になりました。
なんだかんだ楽しかったですね!!ありがとうございました(^^♪

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

Topics

サークル概要

メンバー

予定

活動報告

日記

Counter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter@GROUND公式
リンク
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。