スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北巡検

日時:2015年9月21-23日
今回の巡検は、東北大学地学ゼミナールのS士さんに案内をしていただき秋田・岩手を巡りました。GROUNDからは3人が参加し、計4人での巡検でした。

1日目
船で集合したメンバー(僕だけでしたが)とS士さんは、電車組を待っている間に朝食を済ませ秋田大学鉱業博物館を見学しました。思わず見入ってしまうような素晴らしい標本が多数展示してありとても勉強になりました。この巡検で訪れる予定の産地の標本もありモチベーションもあがりましたね。

昼頃に電車組と合流した後は、二次鉱物で有名な産地①に行きました。北海道では体験したことのない様子のズリでしたがここで採れる有名な鉱物は大体採集できたようです。
足元は一面に緑や水色の石が転がっているので初めてだとどれを採ったらいいのかよくわかりませんよね??いい経験になったと思います。
個人的には青鉛鉱、白鉛鉱、緑鉛鉱の綺麗な結晶、擬孔雀石を採集したいと思っていたのですが、ある程度は達成できました。

下の写真は緑鉛鉱と白鉛鉱です。

DSC_1288.jpg

DSC_1289.jpg

初日は時間的に厳しかったのでこの産地だけでしたが、宿に着く前に横手焼きそばを食べに行きました~

2日目
この日は岩手県の産地を2か所回りました。
最初は特に黄鉄鉱が有名な産地です。
以前訪れたときは川の流量が多く黄鉄鉱の出るズリまで到達できなかったのですが今回は運よく川の流量が少なかったようなので川まで降りて採集できました。
北海道にはスカルン鉱床が少ないのでここの産状もまた目新しいものが多く楽しめましたし、初めて見る組み合わせを持った鉱物達をいくつか見つけることができ勉強にもなりました。
下の写真は白色針状の透閃石に伴う黄鉄鉱です。

DSC_1310.jpg

この後、コランダムの採集に向かいました。
個人的にはこの産地を一番楽しみにしていました。S士さんが事前に下見に行ってくれたおかげで迷わず到着し、スムーズに採集できました。
土壌中の単離結晶も母岩付きのコランダムも採集することができました。
下の写真は母岩付のコランダムです。

DSC_1163.jpg

皆、金属光沢を持った鉱物が好きと言っていたので2日目の最初の産地ではテンションが上がったのではないでしょうか??
GROUNDの実験でコランダムを作ったことはありましたが、採ったことはなかったのでまたレベルアップした気がします。

3日目
最終日は二次鉱物の産地②へ行きました。
初日に行った産地と採れる鉱物はほとんど変わりないので、初日の復習といった感じで各々採集していました。
高望みしてツメブ石とか毛赤銅鉱とか採集したいなと思っていましたがなかなか難しいようですね。
下の写真では1つの岩石に様々な二次鉱物が見えます(画質が悪くてすみません)。

DSC_1335.jpg


…こんな感じで2泊3日で計4産地1博物館を巡りましたが、有難いことに毎日快晴でした!!
晩御飯にご当地グルメを楽しんだり、布団で寝れたりいつもより豪華な巡検で毎日調子よかったです笑

最後に、S士さんには車・宿の手配から産地の案内までやっていただき本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

Topics

サークル概要

メンバー

予定

活動報告

日記

Counter
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter@GROUND公式
リンク
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。