スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道南巡検

日時:2015年8月21-23日
今回の巡検は5人のメンバーと、主に道南の鉱物産地に行ってきました。


1日目
この日は移動日でした。
20:30に札幌を出発して知内の道の駅で車中泊をしました。


2日目
車中泊で余り眠れなかった人もいたようですが、この日は6:30頃から知内川で砂金を採集しました。
午前中は生憎の雨でしたが採集にはそれ程影響もなく、4時間もしたところで飽きたのか、足腰が痛いのか皆引き上げました。

次に訪れたのは昨年良い成果が出た勝山鉱山です。嬉しいことに産地に着くころには雨も上がっていました。
昔は弁当箱サイズの重晶石が採れたそうですが昨年、ハンバーグ(サークル内通称)と呼ばれるぐらい大きなものを採ったメンバーがいたので大いに期待して臨みました。
青いもの、とにかく大きいもの、母岩付…等、各々目的はあったでしょうが巡検後は皆満足そうな表情をしていたので、つまりそういう事でしょう。

DSC_0595.jpg

この日は、かなり順調に進んでいたので次の日に行く予定だった館平海岸にも急遽行くことになりました。
ここではマンガン鉱石の採集を目的としていたのですが、飽きたら水遊びもできるので最高の場所でしたね、夕日も綺麗だったし。
勿論本来の目的である石の方も、鉱種が豊富で、目を引くピンク色で、目の保養になりました。

DSC_0468.jpg


…と、まあこの日はいい感じで終えることができました。
因みに、2日目は車中泊ではなくバンガローで横になれたし星も見えないし皆すぐに寝ました。


3日目
最終日も朝は早く、キャンプ場の受付が開くと同時に6:30から巡検が始まりました。

まず最初は八雲鉱山です。
主な鉱種はよく行く大江と変わりがないので新たな出会いには期待してなかったのですが、そもそもいつもの面々との出会いすら無かったですね…
しかし、ちゃんと出会ってた人もいたので根気強く待っていたら見つかるかもしれません。
ここは1時間ほどで切り上げて次の産地に向かいました。

次の産地は初顔合わせの静狩鉱山です。
相手の情報はきちんと調べていくようにしているのですが、ここだけはよくわかりませんでした。とりあえず沸石が採れるということでした。
道に迷い、露頭が大きすぎてどこを見ればいいか分からず、苦戦していましたが、メンバーの1人が見つけてくれ無事目的の沸石を採集できました。

DSC_0484.jpg

最後にクッタラ湖近くで灰長石、かんらん石を採集しました。
よく行く産地なので皆手際よく採集していました。

こんな感じで、計6か所を巡りましたが個人的には割と充実した巡検でした。まだ行ってみたい産地や、未練のある産地があるのでいつかまた道南に巡検行きたいなーと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Topics

サークル概要

メンバー

予定

活動報告

日記

Counter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter@GROUND公式
リンク
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。