スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有珠山巡検

こんにちは。地球科学サークルGROUNDで4月24日に有珠山登山を含めた、有珠山巡検を行ってきましたので、ご紹介します。

4月24日は前日とは打って変わって晴天に恵まれました。日差しが強く、時折汗ばむほどでした。

26587983906_f23f432e3e_z.jpg
有珠山登山口の様子

登山道の途中には

エンレイソウ。北大の花が登山の前半-中盤までのところに繁茂していました。
4328.jpg
見づらいですが、エンレイソウです。紫がかった部分が花です。


パン皮状火山弾。表面がひび割れたパン皮の様な状態なのが良く分かる火山弾です。
4334.jpg
登山道途中に見られた火山弾。いつの噴火のものかは良く分からない。(有珠新山の時?)
このように登山では登るのも楽しいですが、植物や地質など幅広い分野からの楽しみ方もあります。


外輪山西側稜線には正午に到着しました。外輪山からは大有珠、有珠新山、小有珠、銀沼火口の他に、山頂は霞んでいましたが羊蹄山も拝むことができました。
4324.jpg
小有珠が正面に見えます。

4320.jpg
画面中央左寄りが有珠新山、画面中央右寄りが大有珠となります。

それから後、外輪山を東に歩き、有珠山ロープウェイに向かって歩いていきました。
外輪山登山では、景色がどんどん変わってゆく様がとてもおもしろいですね。
26614105285_52409088d2_z.jpg
有珠山ロープウェイまでの登山道にある急な階段。中々の高度感があります。


13時半ごろに有珠山ロープウェイに到着しました。ここからは昭和新山を上から見下ろす形となり、普段見る、「見上げる昭和新山」とは違った目線で見ることができました。
4319.jpg

15時過ぎに有珠山登山を完了し、しばしの休息の後、有珠洞爺ジオパークの見どころの一つ、「西山火口散策コース」を訪れました。今回は旧とうやこようちえん跡地から歩き始めました。
4326.jpg
旧とうやこようちえん跡地です。2000年の有珠山西山火口噴火の威力を感じます。

西山火口散策コース終点は旧国道230号線となりました。旧国道230号線近くでは散策コースにも凹凸や傾斜があり、時折平衡感覚を失ってしまいます。
4327_201605031048521c8.jpg
旧国道230号線。地面の隆起などの地形変化により、道路であったところに水が溜まってしまっています。

この後定山渓温泉に浸かって、巡検を終えました。
今回の巡検はGROUND2016年度最初の巡検かつ新歓生が初めて参加した巡検ともなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Topics

サークル概要

メンバー

予定

活動報告

日記

Counter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter@GROUND公式
リンク
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。